替换后 名古屋との直接対決を勝利した湘南、すみだと引き分けるも暫定首位をキープ!【Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 第14節・第15節】|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 名古屋との直接対決を勝利した湘南、すみだと引き分けるも暫定首位をキープ!【Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 第14節・第15節】

ニュース

名古屋との直接対決を勝利した湘南、すみだと引き分けるも暫定首位をキープ!【Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 第14節・第15節】

2021年11月24日

名古屋との直接対決を勝利した湘南、すみだと引き分けるも暫定首位をキープ!【Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 第14節・第15節】

11月19日(金)から23日(火・祝)の5日間にわたり、Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 第14節、第15節が行われました。

第13節終了時点で暫定首位の湘南ベルマーレは、消化試合数が2試合少なく暫定2位の名古屋オーシャンズをホームに迎えました。予想以上の激戦となった一戦はホームの湘南が先制に成功しますが、名古屋が第1ピリオド終了間際に逆転し1対2で折り返します。しかし、ホームの雰囲気に後押しを受けた湘南は、第2ピリオド序盤にわずか8秒で2得点を挙げると、そのリードを守り切り3対2で勝利を収めました。中1日で迎えたフウガドールすみだ戦では、目まぐるしく攻守が入れ替わるスピーディーな試合を展開しましたが、すみだに先制を許し1点ビハインドの時間が長く続きます。しかし、試合時間残り45秒で山﨑歩夢選手が貴重な同点弾を決め1対1で試合終了。名古屋も立川・府中アスレティックFC戦で完封勝利を挙げ勝点を伸ばしましたが、直接対決で勝利を収めた湘南が暫定首位の座を守っています。

Y.S.C.C.横浜対ペスカドーラ町田の一戦では、記念ゴールが生まれました。第13節終了時点でF1リーグ通算ゴール数は13,490ゴールと、500ゴールごとにカウントする記念ゴールまであと10ゴールとなっていました。第14節の初戦では1試合を通して9ゴールが生まれ、13,500ゴールは横浜対町田で生まれる可能性が高くなりました。勝敗だけでなく記念ゴールにも注目が集まる中、町田の伊藤圭汰選手が開始わずか19秒で先制弾。伊藤選手はこの試合で100試合出場を記録しており、ダブルで記録を作りました。町田は中3日でバサジィ大分戦を迎え、この試合でも開始8秒で先制を挙げる勝負強さを見せます。両者一歩も譲らぬ激しい攻防を繰り広げましたが、チャンスをしっかりと決め切った町田が5対2で勝利を収め、勝点を伸ばしています。

ボアルース長野はエスポラーダ北海道をホームに迎え2点を先行しながら同点に追いつかれますが、試合終盤に米村尚也選手が決勝点を挙げ、今季初勝利を収めました。決定力に課題があり下位に沈むバルドラール浦安は、この2節で計14得点と復調を見せており終盤戦での巻き返しが期待されています。

監督コメント

伊久間洋輔 監督(湘南ベルマーレ)
(すみだ対湘南 試合後コメント)月曜日の夜にも関わらず、たくさんの応援に来ていただきありがとうございました。試合に関しては第1ピリオドで何回かチャンスがありましたが決めきれませんでした。すみだは中断明けの調子が非常にいいので、こういった試合になるだろうと想定をしていましたし、それが得点の部分に出たと思います。第2ピリオドのセットプレーでの失点は修正が必要ですが、この厳しい試合の中で勝点1を取れたことをプラスに捉えたいと思います。

荻窪孝 監督(フウガドールすみだ)
(すみだ対湘南 試合後コメント)湘南が名古屋に勝ったので、自分たちとしては非常にやりづらい流れの中での試合となりました。ただ、湘南にも疲労は絶対にあると思っていました。自分たちも連戦なので当然疲れはありましたが、全員で体を張って総力戦で泥臭く戦おうという話をしました。守備面で(相手のエースの)ロドリゴ選手に得点を取らせなかったので、選手たちはよく戦ってくれたと思います。

ルイス・ベルナット 監督(ペスカドーラ町田)
(町田対大分 試合後コメント)非常に集中したゲームの入りをして、ディフェンス面でもとても集中していいゲームができました。試合には波があり、大分戦では5ゴールを挙げられましたが、前回の試合ではチャンスを作ってもなかなか得点が入らないという苦しい状況でした。試合というのはそういうのもですが、その波をどれだけ小さくできるかが大事だと思います。いいゲーム、悪いゲームの差が大きく出てしまうと苦しいので、平均的にいい試合運びができるようにしていきたいと思います。また、ホームゲームでは多くのサポーター、観客の前でいい試合をしなくてはならないという責任があります。そういった意味で、いい試合がお見せできたのではないかと思います。

伊藤雅範 監督(バサジィ大分)
(町田対大分 試合後コメント)相手を祝福するだけだな、と思います。本当にそれに尽きます。また日曜日に試合があるので、そこに向かい、気持ちを切り替えて進んでいきたいと思います。

Fリーグ2021-2022 ディビジョン1

関連情報
アーカイブ

JFA.jp

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。